参加者 ニンジャ 11名 メンター 4名

2019年8月18日(日) 10時〜12時 熊本市託麻公民館にて、CoderDojo熊本 12回目のイベントを開催いたしました。
  

今回は初の『託麻公民館』での開催となり、

定員10名のところ、27名!も申し込みをいただき、抽選での開催になりました。
  

2020年から小学校でプログラミング教育が入ってくるということで、

これからは勉強するだけではなく、

実際になにかを創ることが大事になってきますということもお伝えさせていただきました。
  


画像出典:経済産業省

今回はスクラッチ経験者1名だったこともあり、

まずはHourOfCodeからご案内しつつ、

チームラボの感想もおりまぜ、

テキストプログラミングを始めるならタイピングも練習したほうがいいですよとお伝えさせていただきました。
  
メンター淵崎さんから情報いただいて、
寿司打(すしだ)というタイピングサイトで実演したりもしました。
寿司打

  
今回はニンジャからは発表なく、こちらも淵崎さんから。

Arduinoと温湿度センサーを組み合わせ、

1分ごとにグーグルスプレッドシートに記録しているというプログラミングのご紹介をいただきました。
  

今回は特にテキストプログラミングに興味ある親御さんが多かった印象ですので、

スクラッチからJavaScript(ジャバスクリプト)もしくはPython(パイソン)ヘの移行シートを作成したり、

タイピングゲームを使ったタイピング練習なども取り入れていきたいなと思います。
  

これからも基本的には毎月一回のペースでCoderDojo熊本実施していきます。

  • メンター志望の方
  • (できるだけ安価で)会場をお貸しいただける方
  • スポンサー企業様

どしどし募集していますので、
CoderDojoの理念ややっていることに賛同いただける方はぜひご協力をお願いできればと思います。
  

いただいたアンケート

ニンジャの感想やお父さんお母さんの感想を順不同にて掲載します。
  

CoderDojo熊本に参加した感想を教えてください

  • 色々な情報を教えてくださりありがとうございました。今の学びにプラスになりました。
  • 今日ぼくははじめてプログラミングをしました。さいしょプログラミングってなにかなぁと思いました。いろんなブロックがあってこのブロックはこううごくとわかりました。
  • PCに触れるのが今回初めてで、よいきっかけになりました。始めはクリックやドラッグで矢印やオブジェクトが動くのを喜んでいました。プログラミングももちろんはじめてでしたが「かんたんかんたん」と楽しんでやれていました。たのしかったです。
  • プログラミングは、あまりやった事はなかったけれどいろんなゲームなどで、プログラミングができる事がびっくりしたし、プログラミングの「マインクラフト」がとても楽しかったです。次、またあったら来たいです。
  • 初めてのプログラミングでした。6年生、3年生、年長の3人とも興味を持ち楽しく学べました。自分の命令コマンドを組み合わせて映像が動くのがとてもおもしろいようです。大変お世話になりました。
  • 子供は初めてプログラムに触りましたが、とても楽しそうでした。教えていただいたHourOfCodeやスクラッチは自宅でもやって見たいと思います。あとタイピングもさせてみたいです。
  • プログラミングのことが学べてよかったです。HourOfCodeがおもしろかった。来年に向けてよい経験ができました。ありがとうございました。
  • プログラミングは、いろんなか題があって、おもしろかったです。

プログラミングを使ってこれからやりたいことや興味があることがあれば教えてください。

  • プログラミングで、ゲームを作ってみたいと思いました。
  • ラジコンカーのように、自分のウルトラマンを動かせるロボットを作りたいといってます。
  • ゲームを作りたいです。
  • 学校のクラスのみんなで、ロボットなどうごかしてみたいです。

  
今回の募金額は200円でした。ありがとうございます。

  
次回は9月予定だったのですが、
会場を押さえてしばらくした後に、
子どもの体育祭とバッティングしていたことがわかり、キャンセルさせていただくことになってしまいましたので、
  
次回は10月20日 10時 熊本市秋津公民館での開催になります。

またこちらで追ってご連絡させていただきたいと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でCoderdojokumaをフォローしよう!