無料で遊べるパズルのようなプログラミング言語、スクラッチ(Scratch)のはじめ方をせつめいします。

スクラッチプログラミング入門1. まずはとうろく

スクラッチのホームページにジャンプします。
 

https://scratch.mit.edu/
 
スクラッチのホームページ画面はこんな感じです。

はじめてスクラッチをあそぶなら、『Scratchに参加しよう』をクリックします。

スクラッチで使うなまえ、パスワード、生年月日、メールアドレスをせっていします。(ここはお父さんお母さんにも手伝ってもらいましょう)

 
とうろくできたら、右上のサインインというところをクリックして、『ユーザー名』『パスワード』をいれて、さっそくはじめましょう^^

 

スクラッチプログラミング入門2. さっそく始めよう

サインインしたら、上の方の『作る』をクリックします。


 

するとこんな画面がでてきます。


 

大きく分けて、

– 左のほうの黄色いネコ の場所と
– まんなかのブロックがいっぱいある場所と
– 右のからっぽの場所

の3つがあります。

 

スクラッチプログラミング入門3. まずは動かしてみよう

動かし方は、真ん中のブロックをえらんで、右のほうにもっていって、ブロックをつなげます。


 

真ん中の上の方の、『イベント』をクリックして、

『みどりのはたがクリックされたとき』というブロックを右のほうにもっていきます。
(クリックしながらぐいーっと右のほうにもって行ってください。)

次に、まん中の『動き』をクリックして、『10歩動かす』というブロックをまたぐいーっと右のほうにもっていって、さっきのブロックの下の方につなげてみてください。

ブロックがつながったら、左上の方の『みどりのはた』をクリックしてみてください。

左の方の黄色いネコがちょっとだけ動けばバッチリです。
 

スクラッチプログラミング入門4. 矢印ボタンを押して動くようにしよう

つぎは、いろんなゲームでも使えるように、矢印ボタンを押して黄色いネコが動くようにしてみましょう。

まんなかの『イベント』を押したあと、『スペースキーが押されたとき』というブロックを、右のほうにぐいーっと持って行きます。

持って行ったら、『スペースキー』というところをクリックして、『右向き矢印』をえらんでみてください。

 


 

つぎに、まんなかの『動き』の中から、『x座標(エックスざひょう)を10ずつ変える』をクリックしたまま右のほうにぐいーっと持って行って、さっきのブロックにつなげてみてください。

これで、右矢印のボタンを押したら、黄色いネコが右のほうにちょっとだけ動きます。

左ボタンを押したら左にも動くようにしてみてください。

  

知っておきたい点として、

プログラムの世界も、算数や数学の世界でも、左や右に動かす時は 『x(エックス)』 という言葉を使います。

x を +10 (プラス10)して右に動かしたり -10 (マイナス10)して左に動かしたりします。

また、上や下に動かしたい時は、 y (ワイ) を +10 して上に動いたり、 -10して下に動かしたりできます。

 

スクラッチプログラミング入門5. キャラクターを足してみよう

黄色いネコ一匹ではさびしいので、他のキャラクターを増やしてみます。

 

左の下のほうの『新しいスプライト』と書いてあるマークをクリックします。

すると、『スプライトライブラリー』という画面がでてくるので、てきとうにキャラクターをえらんでみます。

あたらしく青いイヌが増えました^^

 

そして、青いイヌをえらんだときは、右の方が空っぽになっています。

どういうことかというと、黄色いネコと青いイヌを別々に動かせるということですね。

 

例えば、黄色いネコを上に動かしたら、青いイヌは下に動かしたり、

黄色いネコを右に動かしたら、青いイヌが後をついてくるとか、いろんな動かし方ができそうですね。

シューティングゲームなら、自分が1つあって、テキがいっぱいでてきて、テキがバラバラに動く、なんてこともできそうですね。

 

スクラッチプログラミング入門6. はいけいを変えてみよう

つぎは、左側のまっしろなはいけいを変えてみます。

左下の、『新しい背景』をクリックして、

好きなはいけいをえらんでみます。

はいけいが変わった事がわかると思います。

また、真ん中の上の方の、『スプライト』のとなりに『背景』という場所がでてきています。

スクラッチではお絵かきをする事ができて、キャラクターやはいけいにお絵かきをする事ができるようになっています。

 

スクラッチプログラミング入門7. 絵を書いてみよう

お絵かきの場所で、四角をえらんで、青をえらんで、クリックでびにょーんとすると、四角が書けます。

右下の、『ベクターに変換』というボタンを押すと、はいけいに青い四角が足されます。

はいけいを自分でいちから書いてみるのもいいし、キャラクターを書いてみるのも楽しいですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でCoderdojokumaをフォローしよう!