メンターとは、CoderDojo熊本の先生にあたります。

これには『共に考え助ける』という意味合いがあり、

ただ自分の知識を子どもたちに一方的に伝えるような”先生”とは違うという意味で、この言葉を使っています。

 

CoderDojo熊本は2018年8月に立ち上げたばかりということもあり、まだまだメンターが足りない状態です。

 

私たちは以下のような方にメンターになっていただきたいと考えています。

  • 子どもたちのことが好き
  • コンピュータが好き
  • 教えることが好き
  • 仕事でプログラムを書いている
  • 教育関係に興味がある

CoderDojoの活動は完全なボランティアになりますので、メンターもまた無給でお手伝いいただく形になるのですが、それでもよいという方。

 

子どもたちの未来へのサポートはもちろんのこと、
ご自身の新たなチャレンジや成長の場として、
ご自信の都合がつくときにだけでも、メンターとして参加していただければと思います。

 

まだまだメンターは不足しております。

 

ぜひあなたの力をCoderDojo熊本にお貸しいただけませんでしょうか。

参加前に確認しておいて欲しいこと

1. CoderDojo Japanホームページ内の、下記資料・記事をそれぞれご一読ください。
  • CoderDojoへようこそ<一般・ボランティア向け資料
  • CoderDojoってなんかのおぅ? (YouTube)
  • CoderDojoとは? 運営者に話を聞いてみた! (バケモノ.jp)
  • CoderDojoをはじめてみませんか (ICT教育ニュース)
2.CoderDojo Kata ホームページ内の、下記資料をご一読ください。
  • メンター・サポーター事前打ち合わせ by CoderDojo 尾張

3. ScratchとHour of Codeを未経験の場合は、アカウント作成後実際に触っていただき、ある程度の内容の把握をお願いいたします。

 

ScratchについてはCoderDojo Kata内の下記資料などをご参照ください。

  • はじまりの書 - 90分でScratch入門
  • CoderDojo メンター用資料
イベントスケジュールは下記connpassをご参照ください。 (基本的に毎月第1日曜日10時実施、 会議室が空いていない場合は第2日曜日に実施しています。)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でCoderdojokumaをフォローしよう!